心筋梗塞 高血圧の合併症?

高血圧というのは特有の症状がないので高血圧の症状というよりは
合併症が原因になっている場合が多いといわれています。
 
症状が出ないので放っておき、症状が出た時には重篤な状態に
なっていることがあるのです。
 
その命の危険にさらされるほどの合併症のひとつに心筋梗塞があげられます。
 
心筋梗塞というのは、心臓を養っている冠動脈という血管が詰まって
血管を塞いでしまい、血液が流れなくなる事で酸素欠乏や栄養不足に
陥った細胞が壊死していく状態の事をいいます。
 
心筋梗塞の原因は心筋に酸素や栄養を供給する冠動脈の動脈硬化に
あるとされています。

動脈硬化により傷つけられた血管が狭くなったり、血栓が出来る事で
心臓に送る酸素や栄養素が不足したりします。
そのような事が心筋梗塞を引き起こす大きな要因だといわれています。
 
心筋梗塞の症状としては胸部の激しい痛みや呼吸困難、吐き気などがあり、
胸の痛みが10分以上続いたら心筋梗塞の疑いがありますので病院へ行き
先生に診断してもらった方がいいでしょう。
 
心筋梗塞は生活習慣病である動脈硬化が原因で引き起こされる事が多い
といわれています。
その動脈硬化を引き起こすのは高血圧です。
ですから、高血圧の改善で心筋梗塞の発生の危険性を低くする事が大切です。

高血圧にお悩みなら

東洋医学の第一人者 李先生が高血圧を改善する方法を
お伝えしています。

李先生の薬に頼らない高血圧改善法

フィード