高血圧の症状とチェック法

高血圧のほとんどが自覚症状がありません。

高血圧が続くと頭痛、頭重感、肩こり、のぼせ、息切れ、動悸、発汗などが
起こりやすくはなりますが、これらは高血圧であることを示す特有の症状
ではなく、あくまで、高血圧から起こりやすい不快症状の一例です。
 
頭痛などは血圧が正常な人にも起こりますし、風邪かもしれないので
これらの症状から高血圧と断定する事はできません。
 
特に自覚症状がないなら放っておいても構わないなど思ったら大変です。
 
放っておくと重症の高血圧になり合併症として症状が出てきますが
その時には合併症はかなり進行してしまっています。
 
また合併症の自覚症状も出ない事もあるので突然、脳卒中や
心筋梗塞の発作にみまわれそのままなくなってしまう事もあるのです。

このように本人の気付かないうちに体の各部位で怖い病気が進行していく事から
高血圧はサイエント・キラー(沈黙の殺屋)と呼ばれています。
 
高血圧が進行させる重大な病気の予防には高血圧の早期発見と
早期治療が有効的です。
 
そのためには定期的に血圧測定を行い、高血圧を放置しない事が大切です。

高血圧にお悩みなら

東洋医学の第一人者 李先生が高血圧を改善する方法を
お伝えしています。

李先生の薬に頼らない高血圧改善法

フィード