高血圧と脳梗塞の関係は?

脳梗塞とは脳の血管が詰まり血流が止まり、詰まった先の血管に
酸素や栄養素が届かなくなり脳細胞が壊死してしまうことです。

脳細胞は血流が止まってから約3~4分くらいで死んでしまい、
一度死んでしまうとその脳細胞が復活する事はありません。

症状は軽い場合もありますが重い場合には言語障害、麻痺、
意識不明に陥る事もあるのです。

脳梗塞の原因は大きく分けて3つに分類されます。

頭蓋内の動脈などで起こった動脈硬化によるもの、
心臓などで出来た血栓が脳へ流れ血管を詰まらせるもの、
脳の深部にある最小動脈の血栓によるものです。

これらの血管の詰まりというのは高血圧によるものが多いといわれています。
血管を流れる血液の圧力が高くなると常に血管に刺激が係り、
動脈が痛みやすくなりまた圧力に負けまいとして血管の壁を厚くしてしまいます。

それが動脈硬化を引き起こしてしまうのです。
血管が硬くなると血栓が出来やすくなります。
血管が硬くなると血管がもろくなり破れやすくもなるのです。
 
脳の血管障害は高血圧をコントロールする事でリスクを軽減する事ができます。
生活習慣を見直し日々血圧には注意し、高血圧にならないようにする事が大切です。

高血圧にお悩みなら

東洋医学の第一人者 李先生が高血圧を改善する方法を
お伝えしています。

李先生の薬に頼らない高血圧改善法

フィード