高血圧と動脈硬化その関係は?

高血圧と動脈硬化は代表的な成人病であり、
お互いに深い関係にあります。
 
高血圧があると動脈硬化になりやすく、動脈硬化があると
高血圧になりやすいのです。

血液を流す為の圧力が高くなるのが高血圧です。
血圧が高くなると血管は内膜を厚くして抵抗します。
そうすると血管が硬くなり動脈硬化が起こってしまうのです。
 
動脈硬化が起こると血流が悪くなり、血栓が出来やすくなるのです。
血栓が脳や心臓に出来ると脳血管障害や心臓の重篤な合併症を招いてしまいます。

血栓が出来たその先の血管に酸素や栄養素を送ることが出来なくなり、
細胞が壊死してしまうのです。
そうなると一度死んでしまった細胞の機能は取り戻せません。
 
命の危険にもかかわりますし、助かったとしても重症な後遺症を
残してしまう可能性が高いのです。
 
動脈硬化を引き起こす原因の高血圧ですがじつはその高血圧になる原因
というのは現在ではまだハッキリと解明していないというのが現実です。

しかし、塩分の過剰摂取、運動不足など生活習慣による物が
一因ではないかといわれています。
 
危険な合併症を引き起こさない為にも日頃から生活習慣を見直し、
高血圧にならないようにするのが大切です。

高血圧にお悩みなら

東洋医学の第一人者 李先生が高血圧を改善する方法を
お伝えしています。

李先生の薬に頼らない高血圧改善法

フィード