高血圧 脳梗塞の具体的症状は?

脳梗塞とは血栓と呼ばれる血の塊が出来て血管がふさがり、
血液を通じてその先の脳細胞に酸素や栄養を運べなくなる為に
脳がダメージを受ける病気です。

血管が詰まり脳に血液が十分に届かないので脳細胞が部分的に
壊死してしまうのです。

一度脳梗塞となってしまった部分は既に脳細胞が死んでいるため
再び回復させる事は困難です。
 
脳梗塞の前兆は手足に力が入らない、重いめまいがする、
いつもはない激しい頭痛がする、ろれつが回らない、
言葉が一瞬で出てこなくなる、物が二重に見えるなどの症状があらわれます。
 
これらは一過性脳虚血性発作と呼ばれ小さな血栓が一時的に
血管を詰まらせる事で起きる症状です。

しかし、この前触れが起こる可能性は全体の2~3割しかなく
外部からはっきりと認識できるケースが意外にも少ないというのが現実です。
 
つまり、脳梗塞というのは突然前触れもなく起こるという事です。
 
一過性脳虚血性発作は数分から数十分程度で一日も経つと
症状が治まってしまうことからそのまま病院へは行かない人も多く
それが事態を悪化させてしまうのです。
 
これらの症状が少しでも出た場合には脳梗塞を疑い
一刻も早く病院で検査を受けましょう。
 
早くふさがった血管を見つけて血流を再開させられれば後遺症も
最小限に抑えることができるからです。

高血圧にお悩みなら

東洋医学の第一人者 李先生が高血圧を改善する方法を
お伝えしています。

李先生の薬に頼らない高血圧改善法

フィード