高血圧 脳梗塞に有効なリハビリ法

脳梗塞は日本人の死因第3位を占める脳血管障害のひとつです。
発症数は年間20~30万人に達すると言われています。
 
最近では脳血管疾患の治療技術の発達により脳梗塞の死亡率は
低下する傾向にはありますが、脳梗塞は最悪の場合
死に至る病である事にかわりはありません。

また、さまざまな後遺症が残る事の多い病気でもあるのです。
 
一度脳梗塞になった人というのは血管が詰まりやすい傾向にある場合が
多いので脳の別の部分が脳梗塞になる可能性もあります。

特に発症後1年間がもっとも再発しやすいといわれています。
 
後遺症の軽重を問わず脳梗塞によって失われた機能の回復をはかるため、
また再発防止の為にリハビリを継続して行っていく必要があります。
 
リハビリには理学療法、作業療法、言語聴覚療法があります。
 
理学療法は入院直後からベッドからの起き上がりや車椅子への移動など
筋肉を動かしやすくする療法が行われます。
 
作業療法は食事やトイレなど日常生活動作を器具や道具を使った作業
と呼ばれる動作訓練によりその機能の回復を目指すのものです。
 
言語聴覚療法は話す、聞くなどの機能がどの程度保たれているかを見て
訓練が行われ、食べ物がうまく飲み込めなくなっている場合には
その訓練も行われます。
 
このようなリハビリを根気強く家族のサポートと共に続ける必要があるのです。

高血圧にお悩みなら

東洋医学の第一人者 李先生が高血圧を改善する方法を
お伝えしています。

李先生の薬に頼らない高血圧改善法

フィード