高血圧 脳梗塞との関係を知ろう

血圧とは血液が流れる時に血管に加わる圧力のことで、
この圧力が異常に高くなってしまうのが高血圧です。

動脈は強い圧力を受け続ける事で動脈の内側の壁が傷ついて
どんどん硬くなってしまい動脈硬化になってしまいます。

脳梗塞は高血圧などによる動脈硬化によって起こる脳血栓と
心臓病等によって起こる脳塞栓に分けられ、その他膠原病などによっても
起こされます。

高血圧はすべての種類の脳梗塞に深く関わっているのです。
高血圧を治療しておく事は脳梗塞の予防にもつながるのです。

 脳梗塞の始めの症状は軽い脱力感やしびれ程度から
重度の意識障害まで様々で、数時間から数日に渡って
徐々に具合が悪くなっていくこともあります。

また、症状が軽いからといって病気の程度も軽いとは限りません。
症状が出たらとにかく早めに医療機関を受診してください。
早く治療を開始した方が治りも良いし、入院期間も短くてすみます。
 
脳血管障害では70%以上の患者の人が何らかの後遺症が残る為、
リハビリが必要になります。

そして残念な事に発病から1ヶ月以内に10%が死亡してしまいます。
脳梗塞というのは再発する可能性も非常に高い病気です。
また、脳梗塞が原因で痴呆になる事もあります。
 
高血圧を治療するという事はこのような合併症を予防する為に
本当に大切な事なのです。

高血圧にお悩みなら

東洋医学の第一人者 李先生が高血圧を改善する方法を
お伝えしています。

李先生の薬に頼らない高血圧改善法

フィード