高血圧 生活習慣病 こんな症状に注意!

生活習慣病は高血圧など生活習慣が発祥原因に深く関与している
と考えられている疾患の総称です。

高血圧は病気が原因でなる高血圧以外、ほとんどが原因不明です。
しかし、ストレス、運動不足、喫煙、塩分の過剰摂取などの生活習慣が
高血圧の原因に関係していると考えられている為、生活習慣病と言われます。

高血圧自体には症状はありません。
しかし気をつけていれば頭痛、めまい、耳鳴り、頭重感などを感じる事があります。

また高血圧がかなり進んでいれば動悸、呼吸困難、胸痛、むくみ足の痺れ、
夜間尿などがあることがあります。

このような症状が出てきたら要注意です。
一刻も早く病院へ診察してもらいましょう。

生活習慣病である高血圧を放っておくと脳梗塞など合併症を発祥してしまう
ことがあり、大変危険です。
 
血圧が日頃から高めで頭痛持ちなどの場合には
一度受診することをお勧めします。
 
脳梗塞の可能性がある症状としてはいつもとは違うひどい頭痛やしびれ、
言葉が出にくくなる事などがあげられます。

これらの症状はもし脳梗塞を起こしていたら放置すれば症状も悪化しますし、
後遺症が残る事もありますので要注意です。
 
また痛みはありませんが片目で見ると一部分が欠けて見えたりすると
眼底出血も疑われます。

目の中心部分だと視力低下を招きますので、これも気がついたら
すぐに病院へ行くことをお勧めします。

高血圧にお悩みなら

東洋医学の第一人者 李先生が高血圧を改善する方法を
お伝えしています。

李先生の薬に頼らない高血圧改善法

フィード