高血圧 血液検査結果の見方

日本動脈硬化学会のガイドラインにより、
血液検査で高血圧と合併症の関係が分かります。

赤血球数が基準値より多い場合には粘り気が増え
高血圧や血管が詰まる原因になります。

白血球数は体のどこかに以上がある場合、菌と白血球が戦う為
多くなるので高い数値が出ます。
また、反対に低いと病気にかかりやすくなります。
 
ヘモグロビンは赤血球と同様に粘り気をしらべるものです。
血小板は基準値よりも数値が高いと高血圧、動脈硬化が進みやすくなります。
 
カリウムの数値が低いと原発性アルドステロン症、
高いと腎機能が低下している事が分かります。
 
ナトリウム、クロール、カルシウムはホルモンの分泌異常、
腎機能障害が分かります。
 
総コレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪、
LDLコレステロールを見ると狭心症、心筋梗塞の可能性が分かります。
 
クレアチニンと尿素窒素は数値が高いと腎機能が低下している
ことが分かります。
 
高血圧の検査は問診や血圧測定、尿検査、血液検査など
さまざまな検査が行われます。

これらの結果により、本態性高血圧なのか、二次性高血圧なのか
判断出来、高血圧の進行具合と合併症を調べられます。

高血圧にお悩みなら

東洋医学の第一人者 李先生が高血圧を改善する方法を
お伝えしています。

李先生の薬に頼らない高血圧改善法

フィード