高血圧 基準値の範囲は?

血圧の基準として広く採用されているのは日本では
日本高血圧学会による高血圧ガイドラインに載っているものです。
 
正常血圧は収縮期の血圧が130mmHg未満、
拡張期血圧が85mmHg未満となっています。
 
高血圧は血圧が140/90mmHg以上で、Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度に分類されます。
Ⅲ度はかなり重症な高血圧です。
 
血圧は病院で測る場合と家庭で測る場合で数値が異なる事がわかっています。
病院と家庭では10~30mmHgもの差がある事があります。
病院で測る血圧を診察室血圧、家庭で測る血圧を家庭血圧とよびます。
 
高血圧でもそうでなくても、病院で測ると家庭で測るよりも高い数値が出ます。
家庭ではリラックスして測定できますが病院ではどうしても緊張したりして
血圧値が上がってしまうようです。
 
ですから日本高血圧学会では家庭血圧について135/85mmHg以上を高血圧とし、
125/80mmHg未満を正常血圧の基準として採用しています。
 
家庭血圧の方が診察室血圧より高い場合を仮面高血圧といいます。
 
血圧自体日々変わるものなので多少の数値の変化に一喜一憂せずに
一定期間の推移を見守る事が非常に重要です。

高血圧にお悩みなら

東洋医学の第一人者 李先生が高血圧を改善する方法を
お伝えしています。

李先生の薬に頼らない高血圧改善法

フィード