高血圧 塩分の摂取量を抑えるだけでいい?

高血圧の人は塩分を控えた方がいいと言われていますが
果たしてそれは誰しもに当てはあまる事なのでしょうか。
 
塩分の摂り過ぎが血圧に影響を与えるとは言っても、
血圧が塩分に敏感に反応する人と敏感に反応しない人がいるのです。

それが食塩感受性と食塩非感受性の2種類です。
食塩感受性は4割で残りの6割の人が食塩非感受性だと言われています。
 
塩分非感受性の方は腎臓が正常に働き体内に入った余分な塩分を
通常4~5日ですべて体外に排せつしてしまいますので、
じつは減塩してもあまり血圧には影響がないのです。
 
このような方は減塩治療を行っても成果が表れにくく、
そうすると更に無理な減塩に走り塩分不足野営用不足により
無気力になったり疲れやすくなったりしてしまう可能性もあるので
注意が必要です。
 
ミネラルの一種である塩分(=ナトリウム)は適量の摂取であれば
体の調子を整える為に働いてくれます。

ですから健康を維持する為には塩分というのは
多過ぎても少なすぎても良くないのです。
 
カリウムは体内の余分な塩分を排泄する作用を持っています。
高血圧の人は塩分摂取量を少なくすると共に、
カリウムをしっかり摂ることも重要です。

カリウムは新鮮な野菜や果物に多く含まれ、
また玄米や未精白のパンにすると更に沢山のカリウムが摂取できます。

高血圧にお悩みなら

東洋医学の第一人者 李先生が高血圧を改善する方法を
お伝えしています。

李先生の薬に頼らない高血圧改善法

フィード