高血圧 塩分が悪い理由とは?

ほとんどの高血圧の原因はハッキリとは解っていませんが、
塩分の摂り過ぎも原因要素の一つではないかと言われています。
 
塩分というのは人間の体に必要不可欠ですが
塩分(=ナトリウム)には筋肉を収縮させる働きがあります。

ナトリウムが増えると血管壁の筋肉がわずかな交感神経の刺激でも
収縮しやすくなり、血液の通り道が狭くなります。
 
また、ナトリウムには水をくっつける作用があり血液中の水分を増やします。
 
血液量が増えると心臓から血液を送り出すときに大きな力が
必要になり血圧が上昇するのです。
 
ただし、塩分の摂り過ぎが血圧に影響を与えるとはいっても、
血圧が塩分に敏感に反応する人と反応しない人の2種類がいます。

日本人の4割が反応しいやすい食塩感受性で残りの6割が
食塩非感受性と言われています。
 
食塩感受性の人は腎臓の糸球体の出口にある血管が狭くなっている為、
血液が糸球体に流れてくる際に出にくくなり、血圧が高くなってしまいます。
 
食塩非感受性の人は体内に入ったナトリウムが4~5日で
すべて排出されてしまうので血圧への影響は少なくなります。

ですから非感受性の人がいくら減塩してもそれだけでは高血圧を
好転させる事は出来ません。

そのような人が減塩治療を行っても効果が現れにくいため、
無理に減塩し、かえって塩分不足や栄養不足のために無気力になったり
疲れやすくなったりする可能性もあるのです。

高血圧にお悩みなら

東洋医学の第一人者 李先生が高血圧を改善する方法を
お伝えしています。

李先生の薬に頼らない高血圧改善法

フィード