高血圧 塩分 カリウムの上手な摂り方は?

医食同源という言葉があるように食と医療はとても密接な関係があります。

塩分の摂りすぎが血圧の上昇に関係する一方で、
自然の降圧剤といわれるカリウムは体内の余分な塩分を排出して
血圧を抑える効果があるということがわかっています。
 
高血圧の治療中の人は減塩と合わせてカリウムを上手に摂る事で
上手は食事療法、血圧管理をしましょう。
 
カリウムの摂取量に決まりはありませんが目安としては
塩分の3分の1程度と考えてください。

仮に一日に厚生労働省の推奨する10gの塩分を摂るとすると
3~4gのカリウムが必要です。
 
カリウムは主にアスパラガス、ブロッコリー、ほうれん草などの野菜類や
イモ類、果物類などの植物性食品や、ひじきわかめ等の海藻類に
多く含まれています。

特に海藻類には圧倒的に多く含まれるので意識して摂取したいものです。
穀物ではソバ、とうもろこし等にカリウムが多く含まれます。

肉類や魚介類などにも含まれているので
比較的摂取しやすい栄養素ではあります。
 
こうした食品を積極的に摂りバランスの良い食事を目指しましょう。
 
ただし、腎臓が悪い人がカリウムを多く摂取すると
「高カリウム血症」になり、血圧の上昇を招くことがあるので注意が必要です。

高血圧にお悩みなら

東洋医学の第一人者 李先生が高血圧を改善する方法を
お伝えしています。

李先生の薬に頼らない高血圧改善法

フィード