高血圧 脳梗塞の前兆症状とは?

脳梗塞など脳の病気はいくつかありますが、どれも脳の血管に
何らかの異常、障害が起き、脳の機能の一部が壊れてしまう事
によって発症します。
 
脳血管障害は脳の血管が破れたり、詰まる事によってもたらされます。

この脳血管障害は一般的に脳卒中と呼ばれていますが現在はガン、
心臓病に次いで日本人の死因第3位となっています。
 
脳の病気のなかでも高齢者に多いのがこの脳梗塞です。
しかし、加齢だけが病気の原因ではなく高血圧や生活習慣の乱れが
危険因子となって起きる生活習慣病の一つであると言われています。
 
脳の血管が破れる事によって脳障害をおこすのが脳内出血、
くも膜下出血などで、脳の血管が詰まる病気の代表が脳梗塞です。
 
脳梗塞は血の塊(血栓)が出来て血管がふさがり、
血液を脳細胞に送れなくなる為、脳がダメージを受ける病気です。

脳に血液が届かない状態が長く続くと
脳細胞が部分的に壊死してしまうのです。
 
脳梗塞の前兆として手足に力が入らない、激しい頭痛がする、
ろれつが回らない、重いめまいがする、言葉が出てこなくなる
物が二重に見えるといった症状が表れます。
 
脳梗塞は前触れなく突然起こるのが普通なのです。
 
こういった症状が表れた場合は一時的であっても脳梗塞を疑い
一刻も早く脳神経外科を訪れて検査を受けましょう。

時間が経てば障害も広がり後遺症も重くなります。

高血圧にお悩みなら

東洋医学の第一人者 李先生が高血圧を改善する方法を
お伝えしています。

李先生の薬に頼らない高血圧改善法

フィード